ネーミング語感分析サイト ヒットネームファクトリー

 番外編:名まえの魔法    はじめに 入門編 基礎編 中級編 特別講座編 上級編

 番外編1 「世界の舞台で活躍する『リョウ』くん」          語感ジャーナル第96号より
 
 (株)感性リサーチでは、2008年の暮れ、「お名まえ鑑定書」サービスを始めました。

 ひとつひとつの名まえを分析していく黒川伊保子は、こう言います。

 名まえをていねいに見ていっても、どの名まえも名付けたひとが
 ほんとうに幸せになってほしい、という願いを込めてつけたのだというのがわかる。
 数多くの拍の並びの可能性があるのに、そのどれもの名まえが例外なく素晴らしいのだから、と。

 鑑定結果を読む機会に恵まれる私は、その結果を見て、毎度はっとさせられたり、驚愕したり、
 ほっこりとした情緒を感じたり、など感動の連続を得ています。
 それは、溜息が出るほど、どの名まえも光り輝くものだからです。
 
 これから数回にわたって、『語感ジャーナル』では、「お名まえ鑑定書」の鑑定結果を
 ご紹介させていただくことになりました。
 名まえに込められた祈りを、みなさまにもお伝えしたくて。

 1回目の今号は、「リョウ」です。
 ゴルフ界に綺羅星のごとく登場し、今年、マスターズにも正式に招待された
 その勢いの輝かしい石川遼選手。
 そして、日本人で初めて、スノーボード、ハーフパイプ世界選手権で
 優勝の栄冠に輝いた、18歳の青野令選手と、
 若いうちから才能を発揮する「リョウ」くんには、どのような名まえの魔法が宿っているのでしょうか。
 
 早速、ご覧いただきたいと思います。

 
                   感性アナリスト 大手奈穂美


 ●番外編 「世界の舞台で活躍する『リョウ』くん」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 <「リョウ」さまの鑑定結果>

 「リョウ」は、涼やかなる瞳の賢者の名まえです。 
 この名を呼べば、湧きいずる澄んだ水を感じさせます。 
 口元に、「瑞々しい知性」の感覚をもたらすため、
 溢れる好奇心ときらめくようなインスピレーションを感じさせます。
 静かに本質を見抜く、知の創生者。未来を見通す賢者を生む呪文です。

 この名の持ち主は、若々しい好奇心と怜悧な観察眼を併せ持つ、
 クールな観察者に育っていきます。
 本質を見抜く資質を持つため、デザインセンスは抜群。
 美しき一匹狼のような風情を醸し出すでしょう。

 
 **この分析は、脳科学に基づく語感分析手法によって行われました***
 
 ことばのイメージ=語感は、発音したときの体感によって作られます。 
 瑞々しい知性を感じさせるのは、「リョー(リョ+長音)」の効果。
 R/Lの発音は、舌を最も技巧的に動かすため、理知を感じさせます。
 中でも、舌に狭い外向きの力を加えた後、優しく弛緩させるリョは、
 唾液線を刺激するので瑞々しく、何かを生み出す感じをもたらします。
 さらに、これを時間軸に引き延ばす長音効果により、
 溢れ出て、萎えない遥かな感じを作り出します。



 
 番外編2 「イキイキと才能を発揮する『アイ』ちゃん」        語感ジャーナル第97号より 

 みなさま、おはようございます。
 今号の語感ジャーナルも、「お名まえ鑑定書」の鑑定結果をご紹介したいと思います。

 今回のお名まえは「アイ」ちゃん。
 語感ジャーナルでも以前登場したことがありますが、
 今でも、アイちゃんたちの活躍は、目覚ましいものがありますね。
 
 「お名まえ鑑定書」の<親から子へ贈る>プランは、
  Beautiful Name Again プロジェクトに協賛しています。

 このプロジェクトの第一弾として展開された、タケカワユキヒデさんと
 そのお嬢様のアイ武川さんによる、「ビューティフルネームアゲイン」の
 CD発売と、そのプレスリリースが、昨年11月末に行われました。
   *会見の様子はコチラ
    →http://www.beautiful-name-again.com/?p=diary&di=65265

 会見の場に現れたアイさんは、愛くるしく、無邪気で明るく、
 とても20歳とは思えないような圧倒的な存在感で、
 堂々と会見に臨んでいらっしゃいました。
 
 アイさんというお名まえが宿す、その力。
 どのような名まえの魔法が込められているのでしょうか。

 
                   感性アナリスト 大手奈穂美



 ●番外編 「イキイキと才能を発揮する『アイ』ちゃん」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 <「アイ」さまの鑑定結果>


 「アイ」は、癒しと勝負強さをもたらすことばです。
 この名を呼べば、自然体の前向きの力が溢れてきます。
 リラックス感と、心地よい緊張を同時にもたらすため、
 勝負強さの源。実力を遺憾なく発揮できるので、
 大舞台で活躍する人には、大切な「成功の呪文」となります。

 この名の持ち主は、あっけらかんとした素直な愛らしさと、
 いざというときの勝負強さを併せ持ち、
 心地よい「木綿の手触り」のような、素敵な女性に育ちます。

 多くの理解者に恵まれ、才能を活かしきる人生になるでしょう。
 また、人の才能を伸ばす魂の支援力も併せ持つ方です。

 ***この分析は、脳科学に基づく語感分析手法によって行われました***

 ことばのイメージ=語感は、発音したときの体感によって作られます。
 あっけらかんとした素直さやリラックス感をもたらすのは、
 口腔を高く上げ自然体で発音する「ア」の効果。
 前向きの心地よい緊張感をもたらすのは、
 舌に前向きの強い力を働かせる「イ」の効果です。




 番外編3 「時を超えて憧れを紡ぐ、永遠の少年『エイジ』くん」   語感ジャーナル第98号より
 
 皆様、おはようございます。
 前回に引き続き、今回の語感ジャーナルでも、
 「お名まえ鑑定書」の鑑定結果を楽しんでいただきたいと思います。

 黒川は言います。

 「お名まえの持ち主の人生を、魂で祝福するような思いで
  一つ一つ書き上げています。
  親御さんがその名を授けたときの思いの、ほんの何百分の一かでも
  ことばにできれば、と願って。」

 この願いが、皆様にも届きますように。

 さて、今回ご紹介するのはお名まえは「エイジ」くん。
 一体どんな願いが込められているのでしょうか…。

 「お名まえ鑑定書」の<親から子へ贈る>プランは、
  Beautiful Name Again プロジェクトに協賛しています。

  →http://www.beautiful-name-again.com/?p=diary&di=65265

 
                   感性アナリスト 渡辺智恵



 ●番外編 「時を超えて憧れを紡ぐ、永遠の少年『エイジ』くん」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 <「エイジ」さまの鑑定結果>

 「エイジ」は、時を超えて憧れを紡ぐ、永遠の少年の名まえです。
 この名を呼べば、遠くはるかなものに対する憧れを感じます。
 口元に、遠くはるかな感じと、
 行き、やがて立ち止まって味わう感じをもたらすため、
 憧れと、それを手に入れるイメージを彷彿とさせるのです。
 何かに憧れ、そこに到達しても、さらなる憧れを見出してまた歩き始める。
 そんな少年の心を与え続ける呪文です。

 この名の持ち主は、幼い頃から、目の前のものに囚われず、時を超えたものや、
 遥か遠くのものに憧れて育ちます。
 「ここにいるのは本当の自分じゃない」という感覚を持ちやすく、
 このため、子ども同士の小さな縄張り争いなどに加わらず、
 俯瞰してものを眺めるクールな少年期を過ごします。
 何につけ、なんとなく他人事のような態度に見えるので、
 周囲と多少の軋轢があるかもしれません。
 周囲の大人たちは、そのことを大目に見てほしいと思います。
 この人の中には、とてつもない何かが育っているのですから。
 大人になるにつれ、「はるかな憧れ」を作り出す才能が功を奏するように
 なります。アーティストや文学者、学者、その他の表現者として、
 名声を得るかもしれません。
 この名の持ち主は、「憧れを紡ぐ少年心」の呪文を持っているために、
 「ここが安住 の地でない」感覚を持ちやすい傾向にあります。
 そのおかげで、どこまでも遠くへ行けるのですが、一方で、
 今手にしている幸福に対する注意力が不足する傾向にあります。
 共に生きる人に寂しさを感じさせることがあるので、気をつけて。
 周囲を安心させつつ、上手に永遠の少年でいれば、最強の夢追い人となります。


 ***この分析は、脳科学に基づく語感分析手法によって行われました***
 ことばのイメージ=語感は、発音したときの体感によって作られます。
 遠くはるかな感覚をもたらすのは、舌を広くして、下奥に引く「エ」の効果。
 「エ」は、発音点が口先にあるのに、筋肉の緊張点が喉の奥にあります。
 発音点と緊張点が最も離れた音韻のため、「遠くはるかな」感じを
 作り出しているのです。
 「行く」感覚は、舌の付け根から中央に向かって、強い力を走らす「イ」
 がもたらすイメージ。「やがて立ち止まって味わう」感覚をもたらすのは、
 舌をふっくらと振動させることで摩擦を感じさせ、唾液をにじませる「ジ」
 の効果です。




 番外編4 「逆境でも未来を照らす『ツヨシ』くん」          語感ジャーナル第99号より

 みなさま、おはようございます。
 今号の語感ジャーナルも、「お名まえ鑑定書」の鑑定結果をご紹介したいと思います。

 今回のお名まえは「ツヨシ」くん。
 昨今人気を博す男の子の赤ちゃんの名、ユウキくんやハルトくん、ソウくん
 などとは毛色が違った、昭和な日本男児を彷彿とさせるお名まえですね。
 きっと、この語感ジャーナルをお読みくださっているみなさまの
 周囲には、ちらほらいらっしゃるのでは??

 黒川が愛情たっぷりに分析し、紡ぎだした感動の鑑定結果。
 きっと、これを目にした全国のツヨシさんたちは、ご自身の名に誇りをもって
 今後の人生を歩まれることと思います!

 では、注目の鑑定結果をとくとご覧くださいませ。
 
 
                   感性アナリスト 大手奈穂美



 ●番外編 「逆境でも未来を照らす『ツヨシ』くん」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 <「ツヨシ」さまの鑑定結果>


 「ツヨシ」は、希望の光を感じさせる、未来を呼ぶ名まえです。
 
 口元に、包み込む優しさと、身体の中心から光を放射するイメージを
 もたらすため、未来(これから生まれいづる素晴らしい何か)を抱いている
 ような感じがするのです。また、息の流れが強くまっすぐなので、
 正しい道を行く感じがします。
 同時に、この微調整が利かない息の強さは、融通の利かなさにつながり、
 武骨な印象を残すのも、この名前の魅力の一つといえます。

 どのような逆境においても、まっすぐに未来を照らしだす、希望の呪文です。

 この名の持ち主は、周囲の人々を輝かしい未来へ導こうとする人です。
 しかし、その方法は、理詰めでも力尽くでもなく、
 武骨に自らの生きざまを見せる方法をとります。
 進んで自己主張はしませんが、誰が何と言おうと、
 絶対に持論を曲げないところがあり、したたかに未来を目指します。
 優しく他人思いなのに、聞かん気の強いところが愛らしく、
 ときにユニークなほどマイペースです。

 人の言うことを聞かないので、若いうちは、少し狭い了見で世の中を見て
 失敗することもあるかもしれません。
 しかし、年を重ねるにつれ、人々の尊敬を集め、
 リーダーの器をあらわにすることでしょう。


 ***この分析は、脳科学に基づく語感分析手法によって行われました***
 
 ことばのイメージ=語感は、発音したときの体感によって作られます。
 身体の中心から光を放射するイメージをもたらすのは、
 舌の中央に力がこもる「ツ」と、
 息をシャワーのように放射させる「ツ」「シ」の効果。
 包み込む優しさは、口腔を緊張から緩和に導く「ヨ」がもらたす
 イメージです。





 「語感ジャーナル」の最新号は、http://archive.mag2.com/0000227183/index.htmlからご覧いただけます。

はじめに  入門編  基礎編  中級編  特別講座編 上級編T 番外編トップへ戻る 
お問い合わせ ご利用上の注意 プライバシーポリシー お知らせ リンク メールマガジン コラム